FC2ブログ

管理人のペンペンブログ

このブログは管理人の日々感じたことを気まぐれにつづったものです。言ってしまえば単なる自己満足。いつも「お尻ペンペン」に関することとは限らないけど、立ち寄っていただけるとハッピーです。

アバターといえば以前は「ネットにおける自分の分身となるキャラクター」でしたが、いまは映画の話。

あの「タイタニック」のジェームズ・キャメロン監督の新作「アバター」が公開39日でそのタイタニックの記録を抜いたことは皆さまもご存知のことと思います。それにしてもいくら大ヒットしているとはいえ、不滅の大記録といわれたタイタニックを短期間で抜くとはにわかに信じがたいことでした。所さんじゃありませんが、すんごいですねえ。笑。

この大ヒットの要因の一つは立体映像(3D)にあるのでしょう。劇場で見た多くの方がこれに大きなインパクトを受けたとのことでして、この立体映像が今後の映画産業を左右する一つのファクターであることは疑いもありません。皆さんもうご覧になりましたか?管理人は・・・まだです。もちろん関心はありますので近いうちにとは思いますが、記録の話題でまだしばらくは混みこみ状態が続きそうです。あんまり人の多い環境の映画もコンサートも最近やや苦手な管理人としてはしばらくしてからにしようかな、と。

しかし音響が立体化(サラウンド化)され、映像まで立体化された日にはやや情報量としてToo Muchにならないかどうか、はたして画も音も三次元的な作品がこれ以降も続いて、はたして見ていて心地よいかどうか、やや疑問のあるところであります。この答えはまだ当面先のことですがどうなんでしょうね。

映画の興行収入といえば、「ジョーズ」のときはこれを抜く作品は出ないのではと言われ、それを抜いた「スター・ウォーズ」も同じことを言われ、それを抜いた「E.T.」がまたまたそう言われて、そして「タイタニック」もつい最近までそう考えられていました。「アバター」の記録もいつか抜き去られる日がくるでしょう。アバターがこんなに早くタイタニックを抜いたには、タイタニック当時よりネットによる情報インフラがはるかに発展したことが原因の一つと思われます。

コミュニケーションやネットワークのかって考えられなかった発展した現在、その点では私たちは今すごい時代に生きているのかもしれません。これから先はどんな世の中になっていくのでしょうか。

なんの話を書いているのかよくわかんなくなっちゃいました。ゴメンちゃい。では失礼をば。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

このページのトップへ
スパンキング、ジャパニーズスタイル パート2

本日アップした新作は「スパンキング、ジャパニーズスタイル」の後編です。

初めにお断りさせていただきたいのですが、本作動画の前半にはスパンキングシーンがありません。パート1でおしおきされた娘と家庭教師によるちょっとエッチな感じのシーンが続きます。まるでアダルトビデオみたい(笑)。ま、ウチもいちおうアダルトサイトには違いありませんのでたまのこととご容赦・ご理解ください。海外のスパンキングサイトはもっとはるかにアダルトな描写がバンバン出てきます。オールヌードも当たり前ですしね。

前回成績を落とした罰でお母さんにおしおきされた娘とその家庭教師。その後は上に書いたような、あらぬ方向に発展しまって夢中になっているところを帰宅したお母さんに見つかってしまうというスンポーです。そしてその後はふたり並んでのお尻ぺんぺん。これが本編の流れです。掲示板でもいくつか予想またはご希望の展開をいただきましたが残念ながらそういう展開ではありません。

パート1でもそうでしたが、今回も見どころはお母さん役・たまおさんの熱演で、あらぬ姿のふたりを発見したときの驚き・激高ぶりが見事です。「私だって手が痛いのよ!」と叫びながらスパンキングを続けますが、撮影後ホントに手が痛くてつらそうでした。カーの演技としてはすばらしかったのでまたぜひお願いしたい思うのですが、ちょっと気になるところです。

もちろん娘役のくるみちゃん、教師役のきりこさんも最高です。前半の愛撫シーンは「お尻フェチ」的な画といえますが、後半のふたり並んでぺんぺんされるシーンは胸キュンなもの。和室でテーブルにベンドオーバーするかたちで並んでぺんぺんされるシーンは「旅の宿から」「親子三代(後編)」に続く三回目だったでしょうか。

お楽しみいただければ幸いです。 このページのトップへ
本日アップしました「遅刻を重ねて」のメイキングです。

遅刻を重ねて


今回のタイトルはひさしぶりにシンプルな教師/生徒のシビアなスパンキングを描きました。原作はかなり前に掲示板にいただいた海外ユーザー様によるものです。ちょっと長くなりますがそのまま引用・掲載いたします。

Late for school again

First scene

We are in a classroom. It is empty, except for the teacher who sits at her table doing some paper work and a girl who is standing in the corner. After a minute or so the teacher calls the girl.
‘It is the second time this week that you came late and disturbed the lessons. I told you what would happen, didn’t I? You remember?’
The girls looks down and says nothing.‘What would happen?’ the teacher asks again.The girl still does not answer.‘Stand in the corner again till you remember!’.Now the girl answers:‘You would punish me’.‘I want you to repeat exactly what I said?’‘You would give me a sound spanking’. ‘Precisely! I do not like to do this, but you leave me no choice’ the teacher says.

The teacher stands up, moves her chair away from the table and sits down. She then turns the girl over her knee. She takes some time to balance the girl into exactly the right position. She raises the girl’s skirt and smoothes the girl’s panties over her buttocks, so that no wrinkles remain. Now the spanking begins. The teacher raises her arm high and she spanks quite hard and fast in a regular rhythm. After some twenty smacks the girl begins to cry.

The teacher stops and the girl thinks the spanking is over and wants to get up, but the teacher presses the girl down again onto her lap into the right position and says:‘Yes, now you are crying, but it is your own fault. I warned you many times. And I am not yet finished. I am not even half way’. And the spanking starts again. Finally it is over and the girl is allowed to get up. ‘You may go now, but don’t be late again, because in that case I shall spank you so hard that it will be painful for you to sit for the rest of the day’.

Second scene

The second scene begins exactly like the first. Again the teacher sits at her table and the girl stands in the corner. She has been late again. The teacher calls the girl: ‘come here!’ The girl turns around but does not approach the teacher. She is clearly afraid of the spanking that she is going to receive. ‘Didn’t you hear me? Come here at once, or do I have to come and get you?’The girl still does not move.

Now the teacher gets up and marches towards the girl. The girl tries to run away but the teacher catches her and drags her to the chair. She sits down and takes the girl over the knee like before and starts spanking her on her panties, very hard. After some time she stops and orders the girl to get up.‘That spanking was for being late. Now you’ll receive a second spanking for not obeying when I called you’.

This time the teacher gets up from her chair and remains standing. She puts one leg forward and makes the girl bend over her thigh. She puts her left arm around the girl’s back to make her bend even deeper and to make sure that the victim cannot get up, then raises the girl’s skirt and starts spanking her once more on her tightly stretched panties. The girl cries and after some time starts to resist. The teacher stops, but she does not release the victim.‘I was almost ready, but because you resist I shall give you thirty more smacks on your bare bottom’. She takes the girl’s panties down and gives her the last part of the spanking. Of course there is more crying and begging for mercy.

(Type of spanking: punishment spanking. Must look severe, like in ‘She wanted to be spanked’. If possible with one of the ladies who is not afraid of a hard spanking and does not mind to be balanced over the knee without the support of a bed or sofa. Dress: teacher tight or very tight skirt, high heels. Girl white nylon panties, accentuating the form of the buttocks. Different camera angles. Not too many close ups, but also totals).


長いですね(笑)。細かいシーンまで行き届いていて恐れ入ります。しかし実際の撮影では必ずしも原案どおりではなく当方の判断で変更したりします。このことについては国内、海外ユーザー様問わずにご理解いただいております。と言うかそういうことでお願いします(笑)。

出演いただいたモデルさんは久しぶりのゆゆちゃん(生徒役)と初登場のまり(教師役)さんです。まりさんというモデル名はこれで三人目ですね。もちろん本名ではありませんが、やはり「まり」という名は人気があるんでしょうか。どの「まり」さんだったかよく覚えておかねばなりません。内容はとてもシンプルでして、遅刻を繰り返す生徒を教師が二度にわたっておしおきするというもの。セリフも少なめ、ひねった部分はありません。生徒もほとんど反抗らしい反抗をしません。らしくないかもしれませんね。しかし「スパンキング、ジャパニーズ・スタイル」もそうでしたが、ときどきはこんなシンプルなおしおき劇を撮りたくなるってもんでして本作はそのタイプと捉えてください。

スパンキングスタイルのメインはオーソドックスなOTKです。椅子にすわったキーのおひざの上に乗るかたちでキーさんには負担のかかるタイプです。一度目と二度目の途中まではこのかたち。
二回目のおしおき。教師はひざを立ててその上に生徒を乗せるかたち(ベンドオーバー)でスパンキングします。これは今までやったことがないスタイルでしてちょっと新鮮な感じでした。かかる体重の負荷で姿勢が保てるか心配でしたが、さすがにアスリートとして鍛えたまりさん(というのは勝手な想像です。笑)、きっちり持ちこたえてこなしてくれました。もっともこの体勢でキーに抵抗されちゃとても持たないでしょうね。おたがい納得でのスパンキング限定スタイルです。また折を見てこんなポジションいろいろ試してみたいですね。

今回の撮影もハイビジョンカメラによる16:9撮影です。最近かなりこの撮影方法が増えてきました。実際の配信はハイビジョン(HD)ではないのですが、ネットとの相性は良く今後も増やす方向で考えています。でも従来のスタンダード(SD、4:3画面)撮影も良さがあって捨てがたい魅力があります。けっきょくは撮りたい内容や構図、アングルによって変えていくというかたちがしばらく続くと思います。 このページのトップへ
少し前のネタですがNHK今年の大河ドラマ「龍馬伝」。福山雅治さん演じるかっこいい龍馬が人気ですが今年もいきなりぺんぺんシーンがありましたね。去年の「天地人」では主人公のふたりによるイケメン同士のスパンキングが話題になりましたが、今回は龍馬役の福山さんがお姉さん役の寺島しのぶさんにぺんぺんされるというものでした。うわさではお尻じゃなくて大事なところをヒットされちゃったらしいです(笑)が、スパマニアとしてはやっぱりお尻でなくてはいけませんね。

その「龍馬伝」。実は「坂の上の雲」もそうらしいですがこれに使われているのがプログレッシブカメラ。 通称30pカメラでハイビジョンながら映画のフィルムの味わいのある画質・質感が特徴で、なかなかいい感じです。ハイビジョンのきめ細かさは残しながらソフトフォーカスのよさと被写体深度の浅さが効いていますね。被写界深度とはピントの深さで、これが浅いとメインの被写体にフォーカスがあって背景がボケる画になります。管理人手持ちのハイビジョンカメラ(HVR-FX1000)もこのプログレッシブ撮影ができるので機会があれば試してみたい気がします。ま、プロ用とコンシューマ用ではレベルが違うでしょうけどネ。

ところでプライベートで使う録画用のハードディスク1.5TBを購入したのですが使ってみてちょっとビックリ。ハードディスクといえば、購入時にFat32タイプのものをNTFSに変換しフォーマットするのですが、けっこう時間がかかるものでした。ところが買った新タイプのものはウィザードに沿って進めるとあっという間にフォーマットが完了。2時間ぐらい見込んでいたところが5分ぐらいで済んじゃった。うーん技術の進歩はすさまじいゾ。

一月のこの時期はアメフトとテニスにかなりフェチな管理人にとっては苦手な冬の楽しみです。しばらくNFLのプレーオフと今日から始まった全豪オープンに釘付けの日が続きますが、やっぱり激しいフットボールの激突を見た後にテニスを見ると、なんとものどかな気分になります。テンション(フットボール)の後のリラクゼーションにはもってこい。美人も多いし(笑)。

・・・・・・

本日新作の「遅刻を重ねて」をアップしました。後ほどその撮影リポートを書いてアップする予定です。 このページのトップへ
お正月から関東圏はずっと晴天が続いて一月としては暖かい日が続いたのですが、今日は一転。雨が途中からみぞれに変わったりしてめっちゃくちゃに寒かったです。しかし日中、北海道に行ってる友人から電話が来て気温を聞いたらなんとマイナス15度ですと。こちらの気温は計ってないけどおそらく氷点下にはなってないでしょう。それでも震えあがっている管理人などきっと現地に行けば凍死してしまうことうけあいです。う~ガクガクブルブルッ!


妹のリベンジ


さて昨日になりますが、今週の新作

妹のリベンジ

をアップしました。出演はちひろ&かおりコンビで、前々週の「姉からおしおき」の続編です。前日姉におしおきされてしまった妹。姉が母親と自分のサイフからお札を抜き取る姿を発見、すかさずケータイで激写。それでもって「おかーさんに言っちゃうぞ」という黄門様の印籠をかさにお尻ぺんぺんのお返ししちゃうってお話です。流れとしては以前の「姉妹対決」(さやか&こずえ)と似ています。そういえば今回使った部屋はそのときのものと同じものです。模様替えしているので雰囲気は変わっていますが。

今回キー役のちひろさん。掲示板でコメントいただいておりますが、自前のタイトなパンツ(薄いジーンズ)がいかしてます。ぴったりしたヒップラインがとてもセクシーで、ソリッドかつシャープなイメージのある彼女ですが意外にグラマーなことがお分かりですね。目の保養にはばっちしうってつけ。

今回カー役のかおりちゃんもそのはじけるヒップが気持ち良いのか、実に楽しそうにぺんぺんしておりました。ちひろさんも「何でそんなに楽しそうなの?」とチクリする場面も。ちょっとうらやましかったなぁ~(笑)。ちひろさんのキーはややオーバーリアクションな面もありつつもツボを心得た反応ぶりでした。キーもたくさん撮りたい彼女です。ちなみに本作のスパシーンはベンドオーバーです。OTKとはまた違った面をお楽しみいただければと思います。

このコンビでの撮影分はとりあえず本作が最後となります。また機会があればこの組み合わせで撮ってみたいですね。皆さまの声をお寄せください。

このページのトップへ
お正月も一週間を過ぎましたのでトップページに置いていた「新年ごあいさつクリップ New Year's Greeting」を削除し、会員ページに改めてアップしました。会員動画と同じファイル形式にしましたので動画サイズ、画質ともアップしておりますので会員の皆さまはそちらもチェックしていただければと思います。

この新年のごあいさつは前年の最後の撮影モデルさんにお願いすることが多いのですが、みなさんけっこう楽しく演じてもらえるのがうれしいですね。やや管理人のひとりよがりな感は否めませんが、翌年も継続可能な限りはできるだけ続けていきたいですね。 このページのトップへ
そろそろお正月気分もお終いな時期になりました。早いなぁ。 今年はカレンダーの関係でお正月休みが短めだったという方が多いようです。もっとも販売関係の方とか、お正月でも仕事な人もたくさんいらっしゃいます。ネットショップも当然そうですからある意味年中無休ビジネスなのではないでしょうか。

しかしそんなネット商売のはしくれにありながらもロートル色が漂いつつある管理人。昨今のネット新用語になかなかついていけません。SNSから始まって、RSS、アバター、Twitter…。同列に並べてはヘンなものもあるでしょうね。それこそネットで調べりゃ分かるんでしょうけどちょっと億劫。うーむ、このルーズな感じ、いけませんのう。…


さて遅ればせながら、昨年の公開タイトルのベスト10が出ましたので発表します。毎度のことながら集計の元になっている数字は ①サンプル動画のクリック数 ②会員ページでのフォトのクリック数 ③その他の数字 です。

【第1位】 姪のたくらみ (れみ、なな)

【第2位】 夏休みの宿題 (しのぶ、さおり、もも)

【第3位】 放課後の居残り(れいな、れもん、みずき)

【第4位】 チャンス到来!(さおり、ちひろ)

【第5位】 スパンキングV鑑賞会2(れみ、かすみ、みか)

【第6位】 母親のためのおしおき講座(さゆり、ちひろ)

【第7位】 親子三代(みわ、ようこ、あやか)

【第8位】 ちょっと社長さん!(れいな、れもん、みずき)

【第9位】 マダムのお買いもの(さゆり、ちひろ)

【第10位】 ナナちゃんの‘ママごめんなさい’(えりこ、ナナ)


…と、こんな感じでした。1位の「姪のたくらみ」はやや意外な感がありますが、実はサンプル動画のクリック数年間二位、画像クリック数も三位でトータルでは完全にトップでした。特に海外ユーザー様からのうけが良かったようです。こちらは原案も海外ユーザー様でしたのでより感覚的に合ったのかもしれませんね。カー役のれみさんは出演タイトルがことごとくポイントが高く貢献度大でした。現在コンタクトが取れない状態ですがまたぜひ復活してほしいものです。

全体としてはやはり親子もの、学園ものが人気が高く安定していましたね。ただこれに頼るとマンネリに陥ったりしやすいのでいろんなジャンルや試みにトライすることを忘れずやっていきたいと思います。

昨年一年間の当サイトのアクセス数は ユニーク人数(ご訪問者数)が約145万人、アクセス数(ヒット数)が約560万回 という数字でした。人数は一昨年より少し減りましたがアクセス数はアップしております。このアクセス統計というのはややアバウトな部分もあるのでこのまま鵜呑みにはできませんが参考にはなります。いずれにせよこれだけ多くの方に訪れていただいたことは大変な喜びであり励みであります。改めてお礼申し上げます。

このページのトップへ
鏡餅 鏡餅 鏡餅 鏡餅 鏡餅 鏡餅 鏡餅 鏡餅 鏡餅 鏡餅 鏡餅 鏡餅 鏡餅 鏡餅 鏡餅 鏡餅 

掲示板にも書きましたが、皆さま明けましておめでとうございます。昨年中は格別のご愛顧をいただきまことにありがとうございました。今年はより楽しんでいただけますよう、一層努力してまいりますので本年もぜひよろしくお願いいたします。

鏡餅 鏡餅 鏡餅 鏡餅 鏡餅 鏡餅 鏡餅 鏡餅 鏡餅 鏡餅 鏡餅 鏡餅 鏡餅 鏡餅 鏡餅 鏡餅 

さて本日早速本年の第一弾、正月早々強力な一編

「スパンキング、ジャパニーズスタイル パート1」

をアップしました。タイトル通り日本式=和室でのおひざの上でのお尻ぺんぺんをフィーチャーしたタイトルで、以前の「ジ・オシオキ~日本のおしおき」と「親子三代」をミックスしたような内容です。たまお、きりこ、くるみ(写真)の三人による親子と家庭教師のおしおき編で、恐~いお母さんに娘とその家庭教師がお尻ぺんぺんされちゃいます。

スパンキング、ジャパニーズスタイル パート1


ストーリーは以前のM美さんによる「女の意地」に似たりしてます。長年やってるとどこか似ている箇所がでてきちゃうけどゴメンチャイです。娘の成績を上げるためにつけた家庭教師。しかし成績は上がるどころかむしろダウンし、それに激怒したお母さんが娘におしおき、さらに教師にも責任取らせてのぺんぺんつーわけです。あまりひねりはありませんがモデルさんのパフォーマンスはなかなかでした。

特にたまおさんは汗びっしょりになりながらの熱演でした。ふたりを順にひざに乗せて、怒りながら手を大きく振りながら叩き続けることは重労働です。本編終了後は顔がほてり手が痛くてしばらく放心状態ではありました。お疲れさまです。娘役のくるみちゃん、教師役のきりこさんもとてもステキなキーぶりでしたね。くるみちゃんのブレザー、シャツ姿はどこから見ても高校生。あと5年ぐらいはJKで通りそう(笑)。叩かれながら何か言ったり痛がったりするその声がベリーキュートでありました。きりこ先生はビューティホーかつセクシーでありました。母親のひざの上でパンスト姿でスパンキングされる画はすっごくエロチックでスタッフ一同(と言っても二人だけ)思わず目が点に。笑

この作品、当初は普通の洋室での撮影を予定していたのですが、たまたま用意できたスタジオの1フロアが三つの和室続きということでちょっと内容をアレンジし、それをタイトルにもつけてみました。海外向け英語タイトルもそのまま使いましが、ニュアンスが伝わるかどうかは分かりません。うまく伝わってくれればいいけど。ただやや残念なことに海外のユーザー様には和室(畳の上)でのひざの上でのスパンキングってそれほど受けないんですね。欧米人はやはり椅子に座ってのOTKがお好きなようです。ソファとかベッドのようなキーが足や手を乗せられるのはダメでオーソドックスなチェアータイプがお好きです。

パート1とあるようにこの作品には続編があります。後編の内容はおそらくご想像いただけるようなものでしょう(笑)。こちらは少し先の公開になります。まずは前半パートをぜひお楽しみください。 このページのトップへ

Information

HSP
  • Author: HSP
  • FC2ブログへようこそ!

Search

Calendar

12月 « 2010年01月 » 02月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

 

プロフィール

HSP

Author:HSP
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する