FC2ブログ

管理人のペンペンブログ

このブログは管理人の日々感じたことを気まぐれにつづったものです。言ってしまえば単なる自己満足。いつも「お尻ペンペン」に関することとは限らないけど、立ち寄っていただけるとハッピーです。

だいぶ暑くなってきました。省エネと身体のことを考えて家にいるときはなるべくエアコン使わないようにしている管理人ですが、さすがにパソコンの前で長時間作業していると暑さが堪えることもしばしば。そんなときは少しだけクーラーかけてその後は扇風機に切り替えたりして・・・。

そういえば去年の今ごろはサイト始めてから少し経った頃でして折りしもワールドカップドイツ大会の真っ最中でした。ワールドカップは後半になるとトーナメントになって試合数が減ってくるけど、ちょうどウィンブルドンテニスが始ってダブルで楽しめたのがなつかしいです。そういえばウィンブルドン、大好きなマルチナ・ヒンギスが負けてしまい管理人的には沈滞ムード。去年はカムバックして活躍したけど、今年はちょっときびしそう。もう一花咲かせて欲しいんだけどね。

去年はワールドカップ直後にブログ始めたからもう少しでこの拙ブログも一年になります。お尻ぺんぺんの話題を中心に書こうと思って始めましたが、なかなかおもしろいネタが書けません。サイトの動画などの撮影の話なんかが中心になって、スパンキングのうん蓄を語るなんてレベルになかなか到達できませんね。どなたかメールでお寄せいただければこちらで掲載する、なんてこともやってみたいと思いますが・・・。
スポンサーサイト
[PR]

このページのトップへ
掲示板にも書きましたが

昨日(27日)午後6時過ぎから本日(28日)早朝にかけましてサイトにアクセスできない、つながりにくい状況がありました。
皆さまには多大なご迷惑をおかけしてしまいました。大変申し訳ございません。深くお詫びいたします。また数名のお客様よりお叱りのメールをいただきました。今後このようなことが頻発しないようにサーバとともに対策を講じていきます。何とぞご容赦くださいませ。

原因につきましては海外からの一時的な大量アクセスとのことですが、今後このようなことが多発しないようにサーバ側に申し入れ、対策・検討を要請しております。 このページのトップへ
blogmother2dvd.jpg

サイトのトップページでお知らせしたようにDVD2点を新発売しました。一枚は親子もののコレクション、もう一枚は通常のコンピものです。

親子ものはいちばんリクエストが多いのですが、なかなかタイトルが揃わず、今回のは3タイトルが純粋な母娘もの、2点は関連タイトル、ひとつは他ジャンルです。それじゃ数合わせじゃないかって? はい、その通りでございます。でも内容的には「母娘・二篇」「ケータイ依存症にご用心」など管理人的にはオススメのコレクションになっています。コンピのほうは最近のものから初期のものまで、バラエティに富んだ編成になっています。こちらぜひあわせてチェックしてくださいね。

なおDVD通販ページでお知らせしたように「いずみ、まお&じゅん~三部作」と「モデル・コレクション~ゆき」を七月いっぱいで廃盤にします。リリースからそれぞれ数ヶ月しか経ってませんがご了承を。理由は、ですね - 売れなかったんです、はっきりいって。登場モデルが限定されることがマイナスだったのでしょうか。残念ですがコンテンツの有効活用を考えざるをえないための選択です。収録内容については時をおいて再編成しリリースさせていただく予定です。

blogcompi5dvd.jpg

このページのトップへ
いやあ暑いですね。入梅したはずなのに毎日言い天気が続き湿度が高くないのはいいんだけど、ぜいたくなものでこうなるとちょっとひと湿り欲しくなるんだからかってなもんです。もっともジメジメした毎日はお断りだけどね。

さて本日はスパはお休みで音楽のお話。夏の定番ミュージックといえばハワイアンと並んでボサノヴァです。なんでそうなのかはよくわからないが、あのなんともいえないクールさが清涼感をもたらしてくれることは確かです。どうしてボサノヴァはあんなにクールでおしゃれな音楽なのかな?

いうまでもなくボサノヴァはブラジルのサンバが発展したもの。サンバのもつ、なんともいえない独特のリズム感にその秘密があるのではないでしょうか。あのセレソン(サッカーブラジル代表)のもつなんともいえない独特のステップと同じ、ともよく指摘されるところです。

ボサノヴァはブラジルのサンバとアメリカのクール・ジャズが融合して生まれた音楽、ともいわれます。これは少なからずアメリカの音楽産業のセールスコピーという面もあるようですが、ボサノバが世界に広まるという点では大きな貢献をしたようです。

有名なスタン・ゲッツ~ジョアン・ジルベルトのアルバム「ゲッツ・ジルベルト」「ジャズ・サンバ」は世界中にブームを起こしましたが、同時にボサノバのブラジル色を薄めてしまう皮肉な結果となりました。クール・ジャズの中に押し込められたわずかな、しかし独特のステップ感があのクールさ、おしゃれな感覚を残したといえるのかもしれません。このジョアン・ジルベルトは作曲者・アレンジャーのアントニオ・カルロス・ジョビンと並ぶボサノバ界の両巨頭といえるでしょう。

それでもって管理人の好きなボサノバ作品はこのジョアンのアルバムのほかたくさんあるのですが、ご紹介したいのは女性シンガーの作品です。やっぱりF/Fスパサイトとしてはね。笑。

ナラ・レオン/ボサノヴァのミューズ Nara Leao Dez Anos Depois

冒頭曲のダークなフンイキに一瞬おやっと思ったりしますがその後は軽快なリズム感にのせた彼女のクールな歌声がなんともいえない清涼感をもたらしてくれます。アップ、ミディアム、スローとテンポもうまく散りばめられています。なによりも一曲ずつが短いので飽きない。笑。LPレコード時代は24曲入りの二枚組みでしたがいまは一枚のCDに収まっています。しかも安い。

音はいまの音楽と比較すればすき間がいっぱい、ほとんど刺激的な音がなくて人によっては物足りなく感じられるかも。なにやら拙サイトと似通った点かも(汗)。でもクール感、いやし感求めるならまちがいなくオススメです。ちなみに日本では超有名な「イパネマの娘」のヴォーカルはジョアン・ジルベルトの妻(当時)アストラッド・ジルベルトですが、彼女に歌を教えたのがこのナラ・レオンでした。

おもしろいのはこのボサノヴァのミューズといわれた彼女、初期はかなりプロテスト色が強い女性で「新聞のダメな部分を補うのが自分の役目」と思っていたらしい。しかしながらしだいに突っぱった部分がなくなりソフィスケートされた歌手に変わったようです。このあたりなんとなく寂しく感じられなくもないですね。皮肉なことに本国ブラジルではボサノヴァも、ナラ・レオンもほとんど聴かれることがいまはないようです。ちょっと残念な話です。

HMVのサイトでプチ試聴できるようなのでリンク張っておきます。興味ある方はぜひ。

http://www.hmv.co.jp/product/detail/1373353 このページのトップへ
blogimk02.jpg

ちょっとブログも空いちゃって、一週間のごぶさたでした、なーんて昔の人でないと分からないあいさつになっちゃいそうな感じですが、みなさまいかがお過ごしですかな?ここんとこの暑さで、寒いよりは暑いのが好きな管理人もややへこたれた日を送っております。でも毎度書くけど電車なんかの冷房はけっこうきついんだよなあ、やっぱり歳なんでしょーか。。。

さてパンパカパーン今週のハイライト、じゃなくてアップは前回ふれたスクール物の新作です。これはついこないだ撮ったばかりで当初はもう少し先の公開予定にしていたんですが、掲示板にあったようにしばらくスクールものやってなかったことと、少々マンネリだった雰囲気を変えたかったと言うことでとり急ぎ編集、アップにこぎつけました。

題して「おしおき教室」

。。。


なんだかな~ってタイトルですか?当初は「入れ替えカンニング」とか「ちょっとあなたたち!」とかいろいろ考えたのですが、あえて平凡で古くさいかもしれないけど分かりやすいものにしました。今後のからみもあったりして?? 

ことの発端-単位のやばい女子高生のかえでが頭のいい友だちのマキに答案用紙の入れ替えを依頼し、やろうとしたところを教師に見つかり・・・ってまあご覧いただけば分かりますよね。

これってヒントがあって、元ネタは映画「フリントストーン」。この映画でおバカな主人公に好意を受けた友人が会社の役員採用試験で自分の答案(満点)と主人公の(0点)を取り替えてあげるんです。映画ではバレませんがウチではバレます。でないとおしおきできません。笑。ちなみに映画はスピルバーグ印のコメディで原始時代をモチーフにしたもの。メッチャ楽しい作品なので未見の方はぜひどうぞ。

でもホントのネタは管理人の高校時代(A long,long time ago in a...far,far away。笑)、同じことをやったK君とS君てのがいてこれが実は見つかっちゃったんです。ふたりは後で職員室に呼ばれていって、たぶんお尻ぺんぺんされなかったと思うけど、見つかったときはけっこうドキドキする光景でした。元ネタはぜんぶ男だけです。笑。

そんないにしえの思い出と「フリントストーン」が交錯してできあがった一編です。おしおき自体はオーソドックスですが、新人ふたりの初々しさもあってきっと楽しんでいただけるのでは。その新人のふたり、かえでちゃんマキちゃんはともに二十歳のキュートガールズ。しかしながらそのルックスや性格はみごとなぐらい好対照。かえでちゃんは小柄、活発な元気印で、しゃべっていても機関銃のようにことばが出てくる、絵に書いたようなNaughty Girl。タイプとしてはまおちゃんタイプ。

対するマキちゃんはスレンダーで、ひかえめ・おとなしい女の子で、こちらから話しかけないかぎりしゃべらないよなタイプです。お転婆なかえでちゃんに対して見た目も優等生タイプのマキちゃん。タイプとしてはじゅんちゃん派かな。こんなふたりがおたがい手を携えあっていけないことしちゃうんだから世の中わからないよね、などとテメーが考えた台本でしたワ。今回はモデルページの更新も早くしたのでそちらもチェックしてくださいね。

先生役は「スール」と同じいずみさん。このところ登場率が高いですが、ふしぎなくらいフレッシュです。管理人の思い入れもありますが、やっぱりこれだけビューティホーで演技もうまいとついつい撮りたくなってしまうんです。今回、以前掲示板でリクエストのあった「座ってスカートをたくし上げ、モモをピシャっと叩くしぐさ」をやってもらいました。若干意思の疎通を欠いたようで、なんども叩いてくれたいずみさん。なんとなくお相撲さんのまわしを叩くしぐさみたいにも見えたりして。笑。ちょっとご愛嬌だったかもしれません。現場じゃイマイチ気づかなかったんだけどね。

まーそんなこんなで久しぶりの三人キャストで撮った学園もの、ぜひぜひお楽しみくださいませませ!今回は動画が長めなので3パートに分けてアップします。写真画像も通常より多めになっていますのでこちらもあわせてチェキしていただければ幸いです。Viva SchoolGirls!(あ~んど美人女教師)。笑。
このページのトップへ
blogmomokoshizuku03.jpg

今週の新作はモモコ&しずくニューコンビ第二弾の「ポーカー・ゲーム」。内容はタイトルからして推してシルベシター・スタローンです。な~んちゃってね。

「パターで勝負よ」タイプの罰ゲームものなのでおしおきものではありません。スパ中の会話もおしおきのそれではなくてちょっとおどけ調。ですがスパンキングはオーソドックスです。おっきめのお尻のしずくちゃん、小尻タイプのモモコさんのコントラストも見ものかも。お楽しみいただければ幸いです。

題材に使ったポーカー・ゲーム、管理人がやったのはもう○十年も前のことです。ルールや役などは忘却のかなたで、やむなくネットで調べました。ふむふむツーペアにスリーカード、フルハウスに・・・そういや最高役がロイヤルストレートフラッシュって沢田研二のアルバムタイトルでしたな~。それでもってチップ(Chip)ってコインのかわりのをアクセサリーに探したのですが、これがなかなか見当たりません。もちろん時間かけて探せばあったんでしょうが探したのが撮影前日・・。けっきょく100円ショップで、しかもトランプのおまけで付いてたやつです。
恥ずかしいけど見逃してね。

出演のふたりの会話の話題、オリジナルではちょっとダルな主婦ふたりって設定だったのですが、ふたりの反対で(ふたりともシングルだから)けっきょくボーイフレンドの話ってことに。うーん、ホントは奥様たちの密かな楽しみって考えたんだけどね。だって「最近、ボーイフレンドとはごぶさたなんだぁ」ってぇのはちょっと変な感じじゃないかなあ。まあいっかな。



ところで


昨日新作をすこし撮ってきました。掲示板にも書きましたが学園もの三人キャストが中心です。ちょこっとだけ書いておくと女教師役は「スール」と同じいずみさん。生徒ふたりは細身でちょっとクールなMちゃんと、小柄な元気娘のKちゃん。ふたりともとてもカワユッス。笑。詳しくは公開時に。撮った作品は順次アップしていきますのでお楽しみにお待ちくださいね!

blogimk01.jpg

このページのトップへ
きょうの話題はスパンキングとは無関係ないッス。

前にも書いたように管理人、実は知る人ぞ知るテニスマニア。ってまあぜんぜん知られてなんかいませんが。(6 ̄  ̄)

それでその全仏テニス、ローランギャロスの大会は大詰めを迎えています。杉山愛さんのダブルスが惜しくも準優勝に終わったことが大きく報道されているので目にされている方も多いでしょうね。

管理人はどっちかと言うと男子テニスのほうが好きなんですが、美少女ウォッチャーとしては女子のゲームも見逃せません。(もちろんテニスそのものもです。笑)

テニス界のスーパースター、シャラポワやこの大会人気ナンバーワンのイバノビッチ、人気のハンチュコババイデソバ、オタクうけするキリレンコ、今回欠場してるけどわがテニスアイドルのヒンギス・・・ 枚挙にいとまがないって感じですが、今大会管理人がいちばん惹かれたのは

アンナ・チェクフェターザ

ちゃんです。スペルはAnna Chakvetadze。名前が読みにくっ! 同じロシアのシャラポワと同じ二十歳ながら、あどけなさの残るいもうとタイプの女の子です。まだ知名度は低いけど実は世界ランク第9位の実力者。今大会のシングルスで杉山さんを破ったんだけど準々決勝でシャラポワ姉さんに撥ね返された。

自国の先輩のスーパーアイドル、アンナ・クルニコワに似たルックスながらひとみがちょっともの悲しげで、思わず胸キュンしちゃいます。でもその性格はすごいかんしゃくもちでラケット投げつけて壊しちゃったこともしばしばとか。人は見かけによるのかよらないのか・・・

もし興味がある方いらっしゃったら彼女のホームページのリンク張っておきます。チェックしてくださいね。でもホムペの写真、あんましかわゆく写ってないよ~。ビジュアル偏重にしたくないのであえていい写真使ってないのか? そんなことはないでしょーねー。

アンナ・チェクフェターザ公式サイト


このページのトップへ
clare.jpg

今回ご紹介するのは

管理人が敬愛するClare Fonda女史のブログサイト「clarefondaspanking.com」です。

http://www.clarefondaspanking.com/

以前一度チラッとご紹介したことのあるクレア・フォンダ女史ですが、もともとはスパモデル出身と思われます。90年代以降スパ雑誌やビデオに出演され、名声を広げるとともに自ら制作やサイト運営を開拓したというわれわれにとってはまさに先駆者、さらにそれまではマイナーな存在だったf/fスパンキングをメインストリームに押し上げた功績者の一人といっていいでしょう。ブログに書かれているのは撮影のことやモデルや友人、スパンキングに関することなどのようですが、なにしろ英文(汗)。ですが、写真を見ているだけでも楽しめるでしょう。

彼女が関わっていると思われるサイトはたくさんありますが、特に著名なのが

Spanked Sweeties http://www.spankedsweeties.com/
Girl Spanks Girl http://www.girlspanksgirl.com/
Kare Prepare Yourself http://www.karaprepareyourself.com/

の三つ。管理人はいまは会員ではありませんが、以前この三つ全部利用できる「Three Site Special」に入っていました。ほとんどがf/fなので管理人好みですが、内容的にはかなりエッチな描写もあって好みが分かれるかもしれません。なんといっても魅力というか強みは女の子をたくさん使えていること。うらやましいッス。やはりこのあたりは長年やってきた功労が実を結んでいるのかもしれませんね。実績は大きいなあ。(ため息)

当サイトも発足当時、クレア女史にはいろいろお世話になりました。相互リンクはもちろん、ランキングサイトへの登録やレビューサイトへの紹介、広告に関することなどなど・・・素性の知れない東洋人の問い合わせにも、親切に早く答えてくれました。ユーザーの皆さまを別にすればひょっとしたら当サイト最大の貢献者かもしれません。がんばっていいサイトに仕立て上げて恩返ししなくてはなりませんね。

ぜひ皆さまも彼女のウェブサイト、ブログサイト訪れてみてください。またこちらで彼女の簡単なプロフィールが見れますのでよかったらどうぞ。

http://www.myspace.com/clarefonda このページのトップへ
きのうの夕方からWOWOWで放送されてるテニスの全仏オープンを間に「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト」をはさみながら観戦。週末からまたまた引き気味だった風邪をこじらせてしまったおバカな管理人です。やむを得ずに本日お医者さんに行って薬もらって休んでいます。今年の初め、ひと月もかかった風邪ひきの教訓生かしてないなー、いけませんね。撮影日も近いのにまずいですね、早く直さなくてはなりません。

ところで「デッドマンズ・チェスト」、初めて見たんですがう~ん何となくピンと来ない印象でしたね。好きな方、ごめんなさいね。本来管理人はこの手のアドベンチャーものは大好きで、もともとあの「宝島」(雑誌じゃないよ)の世界に憧れてるからテーマ自体は好きなんですが。ストーリーが粗雑で描き方がグロすぎる気が。アメリカ人ってのーはどうしてこんなグロい映像好きなんですかね?何でだろ。スピルバーグしかり、ピーター・ジャクソンしかり。この作品はアメリカではなんと歴代6位にランクされる超大ヒットだそうです。ちなみにベスト10は

①タイタニック ②スター・ウォーズ/新たなる希望 ③シュレック2 ④E.T. ⑤スター・ウォーズ/エピソード1 ⑥デッドマンズ・チェスト ⑦スパイダーマン ⑧スター・ウォーズ/シスの復讐 ⑨ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還 ⑩スパイダーマン2

いかにもアメリカらしいベスト10って感じかな。

その後のテニスは何気なく見ていたのですが、あのシャラポワとスイスのシュニーダーの大熱戦についつい時間を忘れて見入ってしまい、気がついたら午前三時。その後寝たのですが、きょう起きたら気分は最悪。せきが激しく出るわ、鼻水は出るわ、寒気はするわ・・・ふたりのプレーに元気もらったつもりなのに、翌日寝込んでいるんじゃ世話ありません。なさけなし。 このページのトップへ

Information

HSP
  • Author: HSP
  • FC2ブログへようこそ!

Search

Calendar

05月 « 2007年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

 

プロフィール

HSP

Author:HSP
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する