FC2ブログ

管理人のペンペンブログ

このブログは管理人の日々感じたことを気まぐれにつづったものです。言ってしまえば単なる自己満足。いつも「お尻ペンペン」に関することとは限らないけど、立ち寄っていただけるとハッピーです。


◎もしもこんな女医さんがいたら

doctor_blog.jpg

タイトルはお分かりのように有名なドリフのコントから拝借。これって実はスパンキングにはとっても向いてる設定な気が。 もともと実際年齢で大人の女性をペンペンするのって少々現実離れしているので、このもしもこんな・・・ってパターンはとっても便利、コンビニなタイトルパターンなのです。

今回の女医さんは ①治療法のひとつとして②病室でのルール違反のおしおきとして 患者のりぼんちゃんをペンペンします。後半はともかく前半がかなり強引かも(笑)。単なるスパファン、スパマニアの妄想です。それぞれ1,2に分けて公開しますが短期間に続けてアップする予定です。

ちょっと気になったのは1でクリニックで診察を受けたりぼんちゃんが2で入院しているって設定で、クリニックで入院ってあるんかな?と思ったけど、まいっか細かいこと気にしない。だいたい同じスタジオに両方あるんだからあっても不思議じゃないでしょってこじつけました。笑。

訴えたかったのはこの女医さんのお尻ペンペンの心底には「愛」があるってこと。昨今また狂ったような親たちによる幼児虐待報道がありますが、サイテーなのはこんな奴らのいうしつけとスパンキングが下手すりゃ一緒くたにされかねないこと。しつけとしての虐待は悪→しつけとしての体罰は悪→しつけとしてのスパンキングは悪 って図式です。そうじゃないんだ、スパンキングの底にあるのは愛なんだ、あんな奴らの蛮行とは似て正反対のものなのだ、なのだったらなのだなのだ - なんて最後はバカボンのパパになっちゃったのだ(笑)。
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
このページのトップへ
そんなわけで、日本ハムと新庄選手の日本一にわく今日この頃ですがそれとは何の関係もなくひっそりDVDの販売を始めました。いろいろ試行錯誤し、ごちゃごちゃしちゃってゴメンナサイ。慣れないことやっているのでこれからもいろいろあっちが出るとこっちが凹むって感じで混乱するかと思いますがお許しを。

初めての試みとは言え、なれない通販作業にとまどい気味の管理人。いやーオンラインショップやってる人の大変さがうかがえます。配信とはまた別のリアルな商売っぽい大変さがありますねえ。でもジャケット作ったりって難しいけど楽しいな。

あらためて編集をしなおしたりオーサリングしてると撮ったビデオって愛着がわきます。話がクサイ、演技がへた、カメラが悪い、叩き方がイマイチ・・・いろいろ言われても自分で考え撮ったものってわが子のようにカワイイもの。できが悪けりゃ悪いほどかわいさが増してきます。ホントの親子でもそう言うしね。ウソっぽい?

いまの時代、やっぱり気を遣うのは個人情報です。昔は商売とはお客様のお名前、住所、電話番号などできるだけ覚えて接することが求められたけど、個人情報の保護がいまはそれに優先します。まあこのネットの時代になってハッキングだのフィッシングだの個人情報を盗んで悪さするやつらが絶えないからね。知らないおじさんについてっちゃいけませんと教えるのと同じこと。着かず離れずの微妙な感覚が必要な、難しい時代です。

とりあえずいま使用しているショッピングカートはSSLという情報を暗号化処理して送信する処理がされています。ご安心の上ご利用ください。 このページのトップへ
************** お詫びと訂正 ****************

DVDの発売に関しましての訂正です。

DVD(DVD-R)の発売について以前のブログで ジャケットケース、ラベルつきタイプとジャケット、ラベルなしタイプの2タイプをリリースする旨を告知しましたが、検討の結果後者は中止することになりました。その分価格を下げてと考えていたのですが、コピーもの、まがい物のように思われ、違法コピーが問題の昨今においては適当な方法ではないという結論にいたりました。

したがってジャケット、ラベル付タイプでの発売のみとさせていただきます。誤解や混乱を招いてしまったかもしれません。申し訳ありません。お詫びして訂正させていただきます。

発売開始は今週中になる予定です。 このページのトップへ
yurikoblog2.jpg


今週の新作分は三週前の「先生のお気に入り」の続編です。ゆり子先生とゆいちゃんのちょっとエッチなおしおきもの。起承転結の「転」と「結」の部分にあたります。

お話は反省の足りないゆいちゃんを再度おしおきしたゆり子センセの背後を襲ったゆいちゃんが仕返しする、って他愛のないものですが、やはり難しかったのはその逆襲部分。ふたりともどちらかと言うとおっとりしゃべるタイプのためなかなかリアルな場面になりません。

「もうちょっと動き早く」「もう少し激怒して」なんつう感じで何度もNGにしちゃったからもうちょっとでふたりとも激怒(私に対して)してしまうとこでした。ちょっとそんな感じで妥協の産物的な部分があるかもしれません(汗)。それにしてもゆり子さんが演じると何をやってもイロモノ系というかオンナ強調型というかそんな雰囲気が漂ってしまう(笑)。これは管理人的には嫌いじゃないんですが人によっては好き嫌いあるでしょうね。

これを撮ったときはまだ夏の真っ盛りでしてビデオ撮影時は原則的にクーラーを止めるためモデルさんも私もけっこう汗かいてきつかった。撮影の直前までどん冷えになるぐらいまでガンガンかけてから始めるんですがやはり10分ぐらいしてくるとじわっと暑くなってくる。やっぱり真夏の撮影はそれなりに大変です。

ゆり子さんの良いところは美人(というか好みのタイプ)なだけじゃなくてカーもキーもできるところ。カー役の人が叩かれるところを見たいってご意見をけっこういただくのですがこれって思うほど簡単じゃありません。何よりお尻が鑑賞に耐えるものでなければならないですしね(笑)。やってもらったは良いけど結果的にちょっと使えない、なんてことになるとシャレにもなりません。 ただゆり子さんの場合、みなさんの言われるような「カーが叩かれるシーン」と言えるかどうかちょっと微妙かも・・・

前にも書きましたがこのスタジオは都内にある有名な教室スタジオ。ほかに教室スタジオってなかなかないんですよね。まともに使えそうなものと言うと2,3しかありません。どこか割安で良い教室あると良いんだけど。ホントの教室使えれば一番良いけど、やっぱり無理だろーなあ。どなたかご存知でしたら教えてちゃぶだい。 このページのトップへ
先日告知したように間もなくDVDの発売を開始します。DVDとは言ってもDVD-Rでの作成になりますのでその点はご了承ください。一般のDVDプレイヤーやパソコンで問題なく再生できるとは思いますが、初期タイプのDVDプレイヤーやDVD-Rに対応していない再生機器の場合、うまく再生できないことがあります。

詳しくはサイト内のページでご案内しますが、当面月2種類ぐらいのリリースにしようかと思います。(変わる可能性もあり)収録内容は原則として会員ページで公開している動画を一部手直ししたものを各5話収録。今月内に予定しているのは

(1)MOTHER SPANKS DAUGHTER 母娘もの5話収録
  許して、ママ/お母さんのひざの上/母と娘/赤点娘/門限とのぞき見
(2)COMPILATION Vol.1 初期タイトルから5話収録
  叔母と姪/不倫の代償/チャイナドレス娘のリベンジ/スパンキングシスター/奥様のリフォームします

の2枚。タイトルによっては未発表映像や別アングルの映像を加えてあります。ただサイト公開分と大きな変化はありません。

当面はサイトでの通販だけの販売とします。一般価格と会員価格の2種類で会員の方(ご注文時に会員であることが必要)は一般の20%オフでお求めいただけます!

またジャケットケース(トールサイズ)ありタイプとジャケットなしタイプ二種類があり価格が異なります。価格に少し開きがありますがこれはジャケット制作の費用(ラベル、カード)や印刷用インクのほか送料込みにしているためとお考えください。アダルトものなのでジャケやラベルは不要って方が多いと思いますのでそちらは価格を抑えています。
※10/24の記事に書きましたようにケース、ラベルなしタイプの発売は中止しました。お詫びして訂正いたします。

以前書いたように残念ながらクレジットカードでのお支払いはできませんので当面は銀行振込になります。(送料無料) 代引きは郵便局(普通郵便)のものだけ対応の予定。こちらは別途料金がかかります。日時指定できるゆうバックや宅急便の代引きは代金が嵩むためいまのところ未定です。

ゴチャゴチャ書いたので分かりにくかったらスミマセン。サイトでのご案内はもう少し整理しますね。それではお楽しみにしていただけると幸いです。 このページのトップへ
evanescence.jpg

今日の記事はお尻ペンペンとは関係なし。たまにゃ息抜きで好きな音楽のトピックっつーことで取り上げたのがロック・グループEVANESCENCEのニューアルバムのお話です。いつも息抜いてる?まーそうおっしゃらず。

こちらが公式サイトです。ちょこっと試聴もできるので良かったらご訪問ください。

若い頃はテキトーにロックファンだった管理人、90年代に入るとちょっとついていけなくなり始めここんとこめったにロックの新作なんか聴かないのですがこのグループには惹きつけられます。いまの女性ロック/ポップ・ヴォーカルってやたらセレブっぽくってイマイチピンと来ない。でもこのエヴァネのエイミー・リーの声って良いよね。

センセーションを巻き起こしたデビューアルバム「フォールン」から三年経ってのセカンドアルバム、いいできです。確かにファーストほどのロック色もインパクトもないけど衝撃的デビューを飾ったアーティストとしてはこれはやむを得ないこと。それより二作目にして成熟を感じさせる収録曲のクオリティの高さに驚かされます。とにかく粒がそろっています。モーツアルトの有名なレクイエムを使った7曲目なんかにくい。

このグループもヴォーカルだけが女性の紅一点グループ。考えると管理人はけっこうこのパターンが好きなのかもしれません。ビッグブラザーのジャニス・ジョプリンしかり、プリテンダーズのクリッシー・ハインドしかり、以前とりあげたスパンキー&アワ・ギャングしかりです。

ホントはDVD付を欲しかったんだけど安い輸入CD(DVDなし)が出るのを待って買いました。どうも世代的にやっぱりダウンロードで買う気にならないんだよね。配信サイトやってるくせに矛盾してる?

このエイミーちゃんは子供の頃はお尻ペンペンされたのかしらん?どなたかご存知ないですか? このページのトップへ
yukiblog.jpg

こんにちは。今回アップした「手抜きなメイド」は少し前に撮影したもので、「許して、ママ!」などと同日撮ったものです。舞台裏あまりリアルなことは知りたくないとお考えのときは読まないことをオススメします(笑)。

この撮影に使ったメイド服は歌舞伎町のドンキで購入したもの。いわゆるコスプレ衣装なんですが、カチューシャはついてません。ちょっとサイズが小さめでグラマー?なユキちゃんが着れるか心配だったけど大丈夫だったのでひと安心。それでもこの手を着せるのって簡単じゃなくてけっこう時間がかかります。 それでなくてもこの日は撮影が押しに押しててけっきょくべにおさんは着替えている時間がなくて前作の服装のままの出演とあいなりました(汗)。お気づきの前に書いちゃっておきます(笑)。

前作までの撮影でユキちゃんのキュートでファンキーな行動・言動に笑いっぱなしのべにおさんと管理人。ユキちゃんがモップを持って掃除するしぐさを見てるだけでふき出してしまい撮影が進みません(←ダメじゃん)。本人から「そんなに笑わないでください」と言われるはめに。そう言ってる本人も笑ってるんだけどね。

話の前半はおそうじの手抜きを咎められてお尻ペンペンされるユキちゃん。ペチコート(って言うの?)をめくられて黒のストッキングの上からペンペンされる姿はなかなかエロい。最後はカウンターの上にのぼって撮ろうとした管理人、うっかり蛍光管レールに頭を強打するありさま。思わずクラッとくる痛さで思わず中断。うーん、おしおきより痛かったゾ。

その後ふたたびお掃除開始もつかの間、ユキちゃんメイドはお菓子食べたりお茶を飲んだり。その姿を見つけられふたたびきびしいおしおきの刑に - 後半はべにおさんがユキちゃんにまたがり、パンティの上から&生のお尻をスパンキング。途中ストッキングを引き裂くというべにおさんのアイデアを取り入れました。うーんよく思いつくなあ、さっすが。

失敗だったのはVTRの再現シーンとそれ以降TVへの接続コードが丸見え状態のまま撮ってしまったこと。時間がなかったとは言え、やはり細かいことまで気を遣って撮らないと後から後悔することを痛感しました。ダメやな~。

この組み合わせ、(個人的には)最高でした。べにおさん、演技はうまいし人柄もよくナイスでした。リタイアはホントに残念で早い復帰を祈ります。ユキちゃんはなんていうか一緒にやっててこんなに楽しい子はいません。明るいしめげないし打たれ強い。またあっけらかんでけっこうテキトーなところもあったりする。「別にいーじゃん」なノリがサイコーです。

ちょっとマイったのが撮影した部屋が暗かったこと。時間が押した関係もあって外はすでに真っ暗な上にダウンライトが少なくて薄暗い。ムーディなのかもしれませんが撮影的にはとても厳しい環境なのです。カメラである程度調整していますが、画面全体がやや暗いかもしれません。ご了解を。お楽しみいただければ幸いです! このページのトップへ
5月にサイトオープンして以来ユーザー様からさまざまな声をいただいておりますが、その中からコンテンツへのリクエストについて。

お客様からの「こんなスパ、こんな設定、こんなキャストで見たい」というご希望はかれこれ100件ほどいただいています。やはりメールでのリクエストが一番多くて、ついで掲示板で最後にこのブログって感じですが残念ながらこのブログでのリクはわずか(泣)で、コメントもトラバも寂しい限り。ぜひみなさまお寄せくださいませm(._.)m。

一番多いのはオーソドックスな家庭もの。特に母娘ものはクラシックというか誰もが気持ちが入りやすいところで定番。クラシックの「四季」かアンアンのキムタクみたいなもの(笑)でしょうか。今週のもそうだけどやはり設定もしやすいし、フツーの部屋で撮れるので楽といえば楽。

管理人の感覚ではカーとキーはある程度年齢が離れているほうが設定的に無理がなくていい気がしますが、意外に同世代の、友達同士みたいなスパのご希望も多いですね。これはちょっと意外でした。どうも人間が古いせいかその手はなんだか「遊んでいる」ような感覚があって、イマイチ気乗りしないんですけどそーでもないのかしらん?

現状難しいのは複数モデル(三人以上)の撮影と野外での撮影です。モデルを多く使えるにこしたことはないのですが、コスト的にちょっと現状はムツカシイ。また野外での撮影(車内含む)はいろんな規制があってこれもなかなか厳しいです。人里離れたような周りを気にする必要のないところなら良いですが、限られた時間の中で移動まで含めるとやはりかなりムツカシイ。まあはっきり言ってお金がかけられれば両方解決できることなんですけど・・・

とは言うもののその手を撮りたい、作りたいという気持ちはもちろんあります。長あい目で見てもらえると助かります。

M/F,F/Mなどのご希望もありましたね。これはメールでもたまにいただくことがあって、他サイト様の掲示板でもときどき見かけることがあります。やはり国内でその組み合わせをやってるところが少ない(まったくない?)ためでしょうか。 

今は海外でもF/Fメインにやってるサイトが多いですね。管理人が若かった頃はF/Fのスパはホントに希少価値でした。昔渡米した際、サンフランのショップでF/Fのスパビデオはないかと尋ねたところ、んなもんあるわけないだろ!って顔で NO! って一蹴されたことがあります。考えてみればいい時代になったもんだ(笑)。

せっかくアイデアをいただきながら未だに実現できていない分についてはゴメンナサイ。部分的にやれるところは取り入れたりしているのですがやはり効率を優先せざるを得ない現状では後回しになってしまう部分が発生します。でも可能な限り応えられることは応えるべく努力しますので、恩師のようなあたたかい目で見守ってくださいましm(._.)m。



ところでいま掲示板の調子が悪くて表示されないようです。-INTERNAL SERVER ERROR- 
掲示板はCGIというプログラムを使用していて、サーバのシステムとの相性の関係か、ときたま起こる現象です。ちょっと様子を見てみますが頻繁に起こるようなら別のものに変えることが必要かも。
このページのトップへ
ribbonblog.jpg

今週のアップ分は最近撮った中からのもので久しぶりの母娘ものです。なんだかんだ言っても一番の定番、一番の基本。少々マンネリを感じたらいつもこの原点に立ち返ります。

今回の作品は言ってみれば「許して、ママ!」の続シリーズで、アイデア自体も前回と同じお客様からのをいただきました。深く深く感謝です。m(._.)m 

パート1はお母さんのサイフからお札をちょろまかした後を見つかった娘、パート2はカンニングして見つかったことを母親に内緒にしていたのがバレていて、という設定です。とても分かりやすくいかにもあり得る、でもなかなか目で見る機会などない-っていかにも管理人好みの内容です。たくさんの人がこの手、好きだと良いんですけど。

キー役をやってくれたのが少しポッチャリ、そのロリロリ声の印象が強烈なりぼんちゃん。叩かれるたびに発した甲高い声と半泣き声がなんかとっても切なくていつまでも忘れられない管理人です。それぞれのパートでちょっと笑うようなシーンがありますが、そのときはホントに痛くて思わず涙笑いが出ちゃったようです。いじらしいなあ。

カー役は文字通り実生活でも母さんのすみれさん。当初は前回同様べにおさんをオファーしたのですが、彼女はしばらくモデル業をリタイアするとのことでうーん残念。今回やってくれたすみれさんは彼女の友人とのことでしたがその出来は・・・
ちょっと微妙かもしれません。あのべにおさんの、けっこうマジな怒り方にはちょっと遠い感じがします。彼女なりに精一杯やってくれたとは思いますが、正直べにおさんだったらの感が否めません。早く戻って欲しいです。彼女、実生活では息子さん(5歳)が悪さするとけっこうペンペンするらしく、その感じでやって!と何度も何度も言う羽目に(笑)。

当初パート1(母親の部屋)は和室を想定していてスタジオもそのつもりで確認したんですが、なんと直前に改装して中途半端な和洋折衷の寝室に。カーペットの下に畳が敷いてあった。うーむちょっとよけいなことを、と思いましたがやむを得ずそのまま撮影。また前作は「ママ」の呼び方でしたが今回は「お母さん」に。このあたりの変更に大した意味はなくって、そのつど変えたり変えなかったり。

などと言いつつ、やっぱり母娘モンて良いですね。やってて、やってもらってて、感情移入がしやすくそのたびになんとも言えない切ない感情がこみ上げてきます。今回のリボンちゃん独特のロリ声がいっそうそれを後押しする。また近いうちにやりたいな。

このページのトップへ
ウチは平手専門ですから器具とかの選択肢はないんだけど、叩かれるお尻はどのパターンが良いんだろうか - ときどき迷ってしまいます。一般的には生のお尻が一番良いって人が多そうだけどそう割り切れないのがフェチなるものの世界。着衣のままのスパンキングが一番って方も実はけっこう多いのでは? 数多くはないけど服の上やパンティの上からのスパに徹したビデオも出ているようだし。

けっきょく無難なセンで 最初は服の上 → パンティの上から → 生のお尻 って感じになるけどこれってけっこうワンパターン。実際のおしおきってこんなルーティンのはずもなく、例えばずっとジーンズの上からとか、あるいはいきなりパンティ脱がして生尻をとかやってて、けっして順序だててやるもんじゃない気がします。

今度、例えばジーンズならジーンズ、パンティならパンティ、生なら生ってぜんぶ通した撮りかたしてみたいけどどうでしょう?ユーザーの皆様の賛同が得られれば一度やってみたいのですが・・・

このページのトップへ
junnablog3.jpg


この「ニートはだめよ!」は仕事に定着できずけっきょく姉の家庭にいそうろうで転がり込んだ娘のお話。主演のじゅんなちゃん、実際は学校卒業後、介護関係で働くしっかり者なのです。念のため。

この話の元ネタは管理人の大好きなクレヨンしんちゃん。 しんちゃんのママみさえの妹のむさえ(三人姉妹の末、ちなみにみさえは次女で長女はまさえ。ワハハ)はカメラマンの夢を捨て、姉みさえの家に転がり込んだ。 そこで姉は面倒見つつも妹にことあるごとに小言を・・・っつーのから拝借しました。とは言っても似ても似つかない内容なので、知ってる人でも「なんじゃそりゃ」って感じでしょうか。 残念ながらまんがの中でみさえが妹をぺんぺんするシーンはありません。 ちなみに話を出演のふたりに話したら予想通り「なんだそりゃ」って顔を。ま、そりゃそうだ。 ところで・・・


ゴメンナサイ!m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m

とつぜん何だって感じですがこのタイトルの動画後半の大事なやりとり、ちゃんと撮ったはずだったんですがなぜか残っていませんでした(泣)。

シーンの内容は、姉におつかいを頼まれたじゅんなが預かったお金をパチンコですって戻って来ちゃったシーンでやりとりは、

(妹)ただいま・・・
(姉)遅かったじゃない。こんな時間まで何やってたのよ。これじゃ夕食の支度、旦那が帰るまで間に合わないわ、まったく。
(妹)・・・
(姉)ん?あなた買いものはどうしたの?何も買ってきてないの?
(妹)・・・

(姉)どうしたの、何黙っているの?
(妹)ゴメンナサイ
(姉)ゴメンナサイってあなた何言ってるの?それじゃ渡したお金は?
(妹)・・・ちょっとパチンコで増やそうと思って・・・すっちゃった
(姉)何ですって、いったい何やってんのあなたは。冗談じゃないわ!

って感じだったんですが撮れてません。お詫びの上、上のセリフ文字で補足させていただきます。


さてこのタイトルに使った「ニート」なることば、いまやすっかり市民権を得ているボキャブラリですが、実は管理人うっかりいままでNeat とスペルすると思ってました。このNeatって「きちんとした」って意味でなんかニュアンス反対だな~って漠然と思ってはいたもののあまり気にしてなかったんだけど、ちゃんと調べたらNeetなんすね。こりゃいかんってことで調べたらNeetって単語はないらしい。 んでさらに調べたらNeetは Not in Employment, Education or Training の頭文字から作られた造語らしい。なあるほど。
このページのトップへ

Information

HSP
  • Author: HSP
  • FC2ブログへようこそ!

Search

Calendar

09月 « 2006年10月 » 11月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 

プロフィール

HSP

Author:HSP
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する